最近更新をサボっていました (^^;;

私用で何かと忙しく、このところ数日間更新をサボっておりました。
いよいよ2009年も残す所 5日間。後2日お仕事をすれば年末年始の休み。

この週末と、年末年始の休みを使ってやりたい事が山積みなので、一つ一つこなしたいと思います。
とりあえずやりたいことリスト〜。

  1. プラズマクラスターイオン発生機 IG-B20 車載計画第2弾。
    PICを用いた自動ON機能搭載
  2. MacMiniデジタルテレビ録画システムの最終調整と完全移行。
    従来のNEC PK-AX10によるアナログ放送録画システムからMacMiniとデジタルテレビチューナーを組み合わせたフルセグ地デジ録画システムに移行します。
  3. Webサーバーログ解析手法の確立。
    自宅でこのblogやBlueDiamond Web.Te-Tsuさんのブログを公開する為に稼働しているMacMiniのログ解析をanalogでやってみようと思っています。

どこまで出来るか分かりませんが、進捗をこのblogで紹介したいと思いますので引き続きよろしくお願いします。

Logon’s SmartVisionCopy V.0.4

NEC SmartVisionとPK-AX10録画ファイルのコピー・結合・転送アプリの最新版です。

FTPファイル転送機能でファイル転送中に回線が安定せず、FTPサーバーから強制切断された場合等のエラー処理が全くされていませんでした。
今回のVersion 0.4で、転送対象となるファイル毎に最大5回までリトライする様に修正してみました。

Logon’s SmartVisionCopy V.0.4

対象ファイルが多く、回線状況が悪い場合はとてつもなく長い時間アプリケーションが無反応になる事が予想されますので、まずは少ないファイル数でお試しをお願いします。

Logon’s SmartVisionCopy Version 0.3リリース

Te-Tsuさんの提案で、SmartVisionCopyアプリに
FTP転送のみを行い、ローカルフォルダへのコピーを行わない
オプションを追加してみましたっ。

ただし、分割ファイルの結合も行わないので、とにかく指定されたフォルダ内(サブフォルダを含む)から.m2pファイルを見つけ出してFTP転送するのみ!

SmartVision若しくはAX-10をお使いの向けです。Hi.

https://blog.pc-logon.com/?page_id=800

Logon’s SmartVisionCopy V.0.2

10月29日に公開(と言って良いのか)したPK-AX10とSmartVisionの録画ファイル結合・コピーソフト。
いくつかの新機能を追加してV.0.2としました。

こちらからダウンロード出来ますので、もし、PK-AX10やSmart Visionをお使いの方がいらっしゃいましたら是非試してみてください。

Logon's Smart Vision Copy V.0.2

Software: Logon’s SmartVisionCopy

NEC Smart VisionやNEC PK-AX10で録画されたm2pファイルの結合・コピーツールを作ってみました。
こちらで公開しましたので、お暇な方はぜひお試しください。
ちなみに、Windows用です。

このほかにもお手軽バックアップソフトなども開発中です~

NEC PK-AX10 / SmartVision m2p結合スクリプト

AX10のmpegファイル(.m2pファイル)結合ですが、自動化して1週間ほど。
今のところ正常に動いているようなので、この場で公開してみようと思います。
AX10だけでなく、SmartVisionでも動作するはずですが、あくまでもUNIX用のスクリプトのため、Windows環境では動きません。
ウチではMacMini OS X 10.5.6で動作しています。

a) AX10もしくはSmartVisionの録画先ディレクトリがマウントできている必要があります。

b) 結合後のファイルを保存するディレクトリを準備しておいてください。

c) ある程度UNIXシェルスクリプトに精通している方向けです。

もっと簡単に実現できる方法があると思いますが、即席数時間で作り上げた為、かなり無理をしていると思います。特にcutやsedを使ってm2pファイルへのフルパスを / や . で切り分けてファイル名や拡張子を確認しています。

そのため、配布状態で指定されているディレクトリ構造と深さが異なる場合は、スクリプト本体中に数カ所あるcut / sedコマンドの / や . で文字列を切り分ける位置を調整してください。

簡単な動作説明です。

1. 録画済みファイルが存在するディレクトリの全ファイル・ディレクトリリストをテキストファイルに保存。

2. 保存したファイルを1行ずつ読み込み、ディレクトリかどうかを判断し最初のm2pファイルをコピー。

3. 更にYYYYMMDD_HHMMSS-xxx.m2pと分割されているファイルを見つけ、catコマンドで結合。

4. 一つの番組結合が終わったらログファイルにコピー済みファイル名を保存。

2〜4を繰り返す。ただし、ファイル名が4.で保存しているログファイルに存在する場合はスキップ。

ご注意:
このスクリプトを用いて生じた如何なる問題についても責任は持てません。
内容についての質問はお受けしますが、必ず回答するお約束は出来ません。
録画済みファイルの著作権等、取り扱いについては十分ご注意下さい。

ax10_m2p.sh

NEC PK-AX10 と MacMini

しばらく前から少しずつ進めているNEC PK-AX10の録画ファイルの取り扱いと、MacMini (Mac OS X) に搭載されているFront Rowでの再生方法についてです。

AX10もしくはSmartVisionの標準画質以上で録画したファイルは.m2pという拡張子で、そのままではQuick TimeやiTunesで再生できません。
よって、シェルスクリプとを使い、AX10のファイルを結合。
更にTurbo.264を使ってH.264形式に変換する事まで実現できました。
(もう少しテストを繰り返したらこのBlogで公開しようと思っています)

さて、FrontRowで再生する為には….

H.264形式のファイルがiTunesのライブラリに入っている必要があるとずっと思っていましたが、ホームディレクトリ以下のムービーディレクトリにあるファイルも再生できる事を調べていて発見しました。

しかし、H.264ファイルは数が多く、サイズも当然大きくなります。
そのため外付けHDDに保存してあるのです。
このディレクトリは内蔵HDDに動かしたくない…と更に調べていたところ、ムービーディレクトリにエイリアスを作ればFront Rowで視聴できるとの事。
早速試したところ出来ました!

ムービーディレクトリこうしておくと!

ムービーフォルダが選べて更にエイリアスが表示され

そのディレクトリに入っているファイルが再生できます。

といった具合です。