Singapore: カーオーディオ変更 (SONY から Pioneer へ)

シンガポールに来てすぐに入手した中古のスズキ・スイフト。最初からSONYのオーディオ・ヘッドユニットがついてきたのですが満足なイコライザがなかったり、iPod/iPhoneを接続してコントロール出来ない等、ちょっと不満を感じていました。

ってことで昨日(3月25日)、Sim Lim Tower (Sim Lim Squareのすぐ近くの電気パーツやカーオーディオ用品を沢山扱っているショップが入っているショッピングセンター) に行ってみました。PioneerとALPINEで悩んでみたのですが、お店の人に聞くと「やっぱりPioneerでしょ〜」と言われ、あれこれ悩んだ結果DEH-7450SDというモデルに決定。

色々と話を聞いたショップで購入しようとしたら「展示品しかないよぉ」と言われてガッカリ。結局別のお店に行って同じモデルを入手してきました。価格はSGD210。日本円では約1,300円ですね。

以前であれば自分で交換していた気がしますが、Sim Lim Towerの駐車場最上階に行くと、SGD30で交換してくれるという事だったのでお願いしてみました。一人のお兄さんがテキパキとちょっと危なっかしい扱いで交換してくれ、30分掛からずに作業完了。本体背面に設置されているUSBポートには付属のUSB延長ケーブルを接続しておいてもらい、グローボックスの中に出してもらいました。

ちょうど第5世代のiPod nanoを使わなくなっていたので、お気に入りの曲をiTunesからコピーして早速再生。これで新しい曲を入手する度にCD-R/RWに焼かなくてもiPod nanoをiTunesと同期すれば手軽に聞く事が出来そう。ヘッドユニットからも簡単にアルバムやソングを選択して再生出来て大変便利。

パネルもカラフルだし、SDカードやUSBメモリにMP3やWMAファイルをコピーしておけば直接再生出来るとの事。将来的にサブウーファーを接続する事も考えて上位のモデルにしたので、今度はスピーカーのアップグレードやサブウーファーのインストールも考えてみようと思います。

ウチが購入したのはBluetoothを搭載していないモデルなので、全く同じでは無い様ですが日本ではDEH-970というモデルのBluetoothが入っていないバージョンですね。とはいえ、ラジオの周波数帯等が違うので日本では使えないでしょうが…。

参考リンク:パイオニア CD/Bluetooth/USB/SD/チューナー・DSPメインユニット DEH-970

「Singapore: カーオーディオ変更 (SONY から Pioneer へ)」への2件のフィードバック

コメントを残す