Logon Blog Keep it up!!

239月/160

iPhone 7 Plus手に入れました!

今年のiPhone 7シリーズは発売日に香港へ出張していた事もあり発売日当日には入手できませんでした。欲しかったiPhone 7 Plus, Black, 256GBは在庫不足が続いていた様で、出張から帰ってきてもなかなか入手できずにいました。どこかの店頭で手に入れられるか土曜日の明日は朝一番でお店に行こうかと思っていた矢先にあらかじめ登録しておいた携帯電話会社(SingTel)からSMSが届きました。

「iPhone 7 Plus, Black, 256GBの在庫が入荷しました。今ならオンラインで購入できます!」

お!やったー!という事で早速SingTelのオンラインショップで購入手続き。明後日日曜日から中国に出張のため、少々送料は高くなりましたが当日配達をお願いしました。SingTelのオンラインショップが当日配達サービスを提供しているのは知りませんでしたが、無事今日の午後3時ごろにSingPostがオフィスに届けてくれました。

大人気のJetBlackも素敵なのですがアメリカのレビューサイトでは傷がついてしまった際に目立つという事もあったので、つや消しのブラックにしてみました。iPhone 6シリーズはPlusではないサイズのモデルを使っていましたので第一印象は「大きい」という事。でも5.5インチのフルHDスクリーンはOnePlus 3同様見やすいです。日頃から両手でiPhoneを使うことが多いので操作はさほど困ることはなさそうです。

開封時の写真を一通り載せてみます。パッケージはシンプルに本体背面のデザイン。中は今までと少し違います。ドキュメント類が本体の上にあり、ドキュメントの箱を取り出すと初めて本体が現れます。その下にはヘッドフォン、充電アダプタとライトニングケーブル。ヘッドフォンは従来のようなプラスチック製のケースではなく紙で出来た入れ物に収められています。裏側にはライトニングから3.5mmジャック変換ケーブル。本体は想像していた様なつや消しの真っ黒。すぐに気に入りました。

iPhone 7 Plus, Black, 256GB iPhone 7 Plus, Black, 256GB iPhone 7 Plus, Black, 256GB iPhone 7 Plus, Black, 256GB iPhone 7 Plus, Black, 256GB iPhone 7 Plus, Black, 256GB iPhone 7 Plus, Black, 256GB iPhone 7 Plus, Black, 256GB iPhone 7 Plus, Black, 256GB iPhone 7 Plus, Black, 256GB iPhone 7 Plus, Black, 256GB iPhone 7 Plus, Black, 256GB iPhone 7 Plus, Black, 256GB iPhone 7 Plus, Black, 256GB iPhone 7 Plus, Black, 256GB

これまでは街中でのスナップショットはSamsung S7 edgeやOnePlus 3を使うことが多かったのですが、デュアルカメラのiPhone 7 Plusが到着したので当面はこちらで色々と撮影してみようと思います。

39月/160

EZ-Linkサポート自動販売機

シンガポールPasir Ris の D' Resortで見かけた自動販売機。EZ-Linkカードでの支払いに対応しています。読み取り機にEZ Linkカードを置くとカード残高が表示され、商品の代金をそのカードから支払う事ができます。シンガポール国内で交通系カードで支払う事ができる自動販売機を見たのが初めてだったので思わず写真を撮ってみました。

EZ Link Payment EZ Link Payment

なお、ウチはクレジット、ATM、EZ-Linkカード一体のものを用いているので写真ではクレジットカードが置いてありますが、普通のEZ-Linkカードでも当然購入できます。

39月/160

Pasir Ris Park で会社のイベント

金曜日の夕方は会社のイベントがありPasir Ris Parkで時間を過ごしました。集合時間より少し早く到着したので公園内を歩いていたらHornbill(サイチョウ)を見かけました。OnePlus 3のカメラでズームを使って撮影しました。初期設定のままで何気なく撮影したのでシャープネスなどイマイチな感じに補正されてしまいましたが。。。

Hornbill at Pasir Ris Park Hornbill at Pasir Ris Park Hornbill at Pasir Ris Park

39月/160

OnePlus 3 – バッテリー残量パーセント表示について

引き続きOnePlus 3ネタです。

通知バーエリアに表示される電池の残量ですが、標準では電池アイコン、円形アイコン、パーセント表示、非表示の4種類からの選択となります。個人的にはアイコンとパーセントの両方が表示されるのが好みなのですがそのオプションがありません。これを実現するには次の様にします。

  1. 通知パネル上部にある設定アイコン(バッテリー残量とユーザーアイコンの間の設定アイコン)を10秒ほどタップしたままにします。
    OnePlus 3 System UI Tuner
  2. そうすると設定アイコンの横にスパナが表示される様になり(上のスクリーンショットは既に有効になっています)、System UI Tunerが設定の一番下に追加されます。
    OnePlus 3 System UI Tuner
  3. このSystem UI Tuner内にバッテリー残量パーセント表示のトグルがあります。これを有効にする事で電池アイコン、円形アイコンを選択した場合であってもパーセントが数値で表示される様になります。
    OnePlus 3 System UI Tuner

スクリーンショットは何もパーセント表示を有効化した後のものです。System UI Tuner機能はAndroid Mに標準で搭載されている様で、デバイスによって設定できる内容が異なる様です。試してみてください。

参考リンク:

 

Filed under: Android No Comments
39月/160

USB Micro Type-B to Type-C 変換コネクタ

OnePlus 3が到着して今までAndroidデバイスでは感じた事のないパフォーマンスを楽しんでいます。素のAndroidに近い為か、パフォーマンスを重視したハードウェア設計になっている為か、とにかくアプリ起動時や操作中にラグを感じる事はありません。

ところで、OnePlus 3は本体底面のUSBコネクタがType-Cになっています。この為今まで長年買い足してきたUSB Micro Type-Bケーブルがそのまま使えません。短いもの、長いもの含め色々なところに合計8本ほどUSBケーブルがあるのでどうしたものかと。そこでUSB Micro Type-BからType-C変換コネクタを購入する事にしました。これもオンラインショッピングサイトQoo10で注文し、普通郵便で2日後に到着しました。Xiaomiブランドのコネクタです。3つ購入しましたが一つづつパッケージに入っていて良い状態で届きました。すべて問題なく動きました。

USB Micro Type-B to Type-C Connector USB Micro Type-B to Type-C Connector USB Micro Type-B to Type-C Connector USB Micro Type-B to Type-C Connector USB Micro Type-B to Type-C Connector

参考リンク:

39月/160

OnePlus 3 届きました

シンガポールのオンラインショッピングサイト Qoo10 で8月30日に注文したOnePlus 3は9月1日に到着しました。対応が丁寧&スピーディーなお店の方でまるでシンガポール国内の店頭で購入するほどのスピードで入手する事ができました。

中国ブランドのOnePlus。一つ前の世代となるOnePlus 2までは招待制度での購入に限定されていましたが、OnePlus 3からは普通に購入できる様になりました。シンガポールのキャリアは扱っていないブランドですし、モバイルショップでも扱っている店頭が少ないブランドですがQualcomm® Snapdragon™ 820を搭載している2016年モデルの中ではハイスペックに入るモデルです。

OSは素のAndroidに近く無駄なアプリは殆ど入っていません。OxygenOS版のOnePlus 3であればGoogleの標準的なアプリとPlay Storeも入っていますので他のスマートフォン同様に普通にアプリをダウンロードして使う事ができます。かなりマイナーなブランドのためケースなどを探すのが大変ですが、幸いウチが注文したお店はケース、液晶保護フィルムをおまけで送ってくれました。

20160901125205_DSC-RX100M4 OnePlus 3 OnePlus 3 OnePlus 3 OnePlus 3 OnePlus 3 OnePlus 3 OnePlus 3

Dual SIM (Dual Standby)なので旅行先でプリペイドカードを利用したい場合やプライベートと仕事の番号両方を使いたい場合など便利です。サポートしているネットワークは中国市場向け、北米市場向け、その他市場向けで異なります。

参考リンク:

Filed under: Android No Comments
318月/160

SAMSUNG Galaxy S7 edgeわずか3ヶ月で…..

2016年6月にSamsung Galaxy S7 edgeを購入し使ってきましたが、この週末にプールで遊んでいた際に水に濡れ、再起動を繰り返す様になり、電池切れとなり、充電できなくなり、そしてそのまま黒い文鎮と化してしまいました。

メーカーはIP68防水・防塵を仕様としています。1.5メートルの深さまでであれば水に短時間(30秒程度)つかっても問題がないという理解でいました。一度水に沈んでしばらくは動作していたのですが、その後電源投入直後の画面を繰り返す再起動ループに入り、電源を切ることすら出来なくなりました。そして完全に文鎮化。

早速メーカーの修理センターに持ち込み確認をお願いしましたが、内部に水が入り込んでおり保証外修理とのこと。その金額はなんと日本円で約6万円。「ちょっと考えます」と回答してみたものの、さすがにこの金額を支払う気になれません。ウチがどの様に端末を水に浸けたか、浸けていないかを証明することもできず、メーカーとしては内部への水の入り込みに準じて保証内外を判断する点からどんなに言い争っても勝ち目がない気がします。

S7 edgeはパフォーマンス、ディスプレイ、デザインともに素晴らしいです。個人的にはとても気に入っていたのですが、非常に残念です。今でもこのモデルは嫌いではありませんが修理金額を考えると修理は諦め、防水仕様に対する懸念を思うと同じモデルを購入するのも少し躊躇ってしまいます。

ってことで、修理金額より安価なOnePlusのOnePlus 3に乗り換えることにします。Qoo10でシンガポール国内のショップで購入するよりも70ドルほど安く手に入りそうなので早速注文してみました。OnePlus 3は防水仕様ではありませんが将来、防水仕様のスマートフォンを手に入れても水には入れない様にしようと思います。

参考リンク: