RAWファイルを扱うとメモリが…

iPhotoウチはiPhotoがiLifeの一部だった頃からiPhotoを使っているのですが、最近なぜかiPhotoがメモリをどんどん消費してしまう問題に悩まされています。

挙動を見ているとPentaxとNikonのRawファイルが含まれるイベントを開くとメモリがどんどん食いつぶされちゃうみたいです。

iPhotoは起動しているだけでメモリが枯渇してしまうので使用をやめ、全てファイルで管理することにしました。AppleScriptとツールを使って画像ファイルのEXIF情報を読み取り、撮影日とカメラ名でリネームして年、月、日のフォルダに分類するスクリプトを作成。整理してみました。これでiPhotoを使わなくても目当ての写真を見つけやすくなるかなぁ。。。と思っていたら…

次にRAWファイルのJPGへの変換や解像度の変更を試みたところやっぱりメモリ枯渇問題が再発。どうもRAWファイルを扱うとなぜかメモリが食いつぶされちゃいます。

iPadやiPhoneにもデジカメで撮影した写真を転送したいので、とりあえずWindowsマシンでRAWをJPGへ変換を試みようと思います。

MacBook AirとMac mini、いずれもMac OS X Yosemiteで同じ問題が発生しているのですが、どうなっているのやら。。。

「RAWファイルを扱うとメモリが…」への1件のフィードバック

コメントを残す