物欲番長 – HTC One (M8)

久しぶりに物欲番長が出てしまいました。まずは開封したときの写真を並べてみます。

HTC One (M8) HTC One (M8) HTC One (M8) HTC One (M8) HTC One (M8)

日本ではまだ未発売と思いますが、シンガポールでは暫く前に発売されたHTC Oneの新型 HTC One (M8) です。一時期 HTC One  2 という名称になるのではという記事を見た事がありましたが、それよりよっぽど読みにくい (M8) という製品名になった様です。

最大の特徴は本体背面に二つ搭載されたカメラ。写真撮影時に深度の情報を保存する事で撮影後に撮影時とは異なる位置にフォーカス出来たり、背景と前景を別々に処理したり出来るとの事。まだ入手したユニットはセットアップ中でまだ試せていないのですが、キャリアの店舗に置いてあるデモユニットで今まで何度も試して気に入ってきます。完璧とは言えませんがSNSにアップロードする写真等には十分な解像度で楽しめそうです。

パフォーマンスもHTC One (M7)に比べると体感出来るスピードアップ、Micro SDカードで容量も拡張可能、ネットワークのパフォーマンスも少し改善している様に感じます。実際にどれだけ良くなっているのかは感覚的なものですし、まだインストールしたアプリが少なかったりアカウントが少ない事も影響しているのかもしれません。

HTC One (M8) HTC One (M8) HTC One (M8) HTC One (M8) HTC One (M8) HTC One (M8) HTC One (M8)

アクセサリはM7の頃と似ていてACアダプター、USBケーブル、ヘッドホン。そしてHTCのロゴが入ったシリコン素材のケースも付属していました。新しいモデル発売直後はアクセサリメーカーからケースが発売されるまで時間がかかる事が多いので、取りあえず本体を傷や汚れから守れるので良いと思いました。ドキュメント類はシンプルな物が多く、nano-SIMトレーとMicroSDカードトレーを取り出す為のピンも付属しています。

ちなみに、ウチはSingTelで2年契約で購入したのですが、PREMIUM PACKというオマケをもらいました。箱の中にはスクリーンプロテクタ、32GBのMicroSDカードそして6500mAhのモバイルバッテリーが入っていました。出力が2ポートのモバイルバッテリーなのでHTC One (M8)のみならずiPhoneやiPadも外出先で充電出来そうです。

HTC One (M7)もかなり気に入っていますが、M8は更に磨きがかかり大きなスクリーン、ステレオスピーカ、機能が向上したカメラ、いずれも気に入り始めています。SONY Xperia Z2も気になってはいたのですが、HTCのシンプルなデザインとユーザインタフェースはやっぱり良いですね。

参考リンク: HTC One M8 LTE SIMフリー – Amazon.co.jp

コメントを残す